◆16番(児島政俊) 2問目を行います。
 生活援助員の派遣サービスについては、平日夜間や休日に連絡が可能となる設備工事について、既存の緊急通報装置を最大限活用する方法を検討していただいた結果、約21万円で施工できるとのことであり、衆知を集めて英知を発揮していただいた結果であると大いに評価をさせていただきます。今後は他の住宅への展開を要望します。
 市営住宅における雑排水管の清掃については、先ほどの理事者のご答弁の中でトイレ清掃に関する実態調査の報告がなされましたが、なぜそのような事態になったのか、単に担当職員の問題とせず、その事態の背景をしっかり分析していただき、他の職場も含めて再発防止に努めていただくことを強く要望いたします。
 次に、(仮称)野田中央公園については、地元の方々への説明についておおむね理解を得たものと考えますが、一部の方からは、結果的に東側のみの整備になることについて納得しかねるという意見があるとの理事者のご答弁でした。西側には本市が所有する1,500平方メートルの土地も存在します。この土地を含め、結果として西側の整備がどのように完成するかを多くの市民が見守っています。どうか今後とも地元住民をはじめ多くの市民に喜んでいただける取組みを懇切丁寧に進めていただきますよう強く要望いたします。
 放置自転車の処分については再度お尋ねします。先ほどのご答弁で、本市における放置自転車の処分状況は理解できました。しかしながら、本市の状況ではさきに述べた青年と同様の被害者が発生する可能性があります。
 そこで提案ですが、本市が業者と取り交わす放置自転車等売買契約書に防犯登録の義務化を明文化し、明年の入札条件に追加すべきと考えますが、理事者のご見解をお聞かせください。
 以上で2問目を終わります。